安全に遊ぶために沖縄SUPの注意点

沖縄で注目を集めているSUPは、海上を散歩するような速度で移動するため、子供からお年寄りまで誰でも楽しむ事が可能です。
そういう点では、安全性の高いマリンアクティビティだと言えますが、それでも海という自然を相手にしているので、リスクがゼロではありません。
ではどのような点に注意すればいいのか紹介します。

沖縄SUPの注意点

ツアーで体験スクールを申し込んだ場合は、ツアーのガイドスタッフが安全性の高い場所に連れていってくれるはずです。
もし個人で楽しむという場合は、近くに泳いでいる人やサーフィンをしている人がいないかどうか確認をしてから行うようにしてください。
SUPはサーフィンボードと非常によく似た形のパドルボードを使用します。

ですが全然スピード感が違いますから、近くで一緒にするのはお互いにとって危険です。
またSUPがパドルを漕いで前に進みますが、パドルを落としてしまう可能性がゼロではありません。
パドルがなければ、漕げないからもう前に進む事が出来ない。
海の真ん中でそんな事態に陥ったら大変ですよね。

そのため万が一パドルを落とした場合でも、ビーチに自力で戻る事が出来るように、パドリングをマスターしておきましょう。

沖縄SUPは天候に注意しよう

あと沖縄SUPは天候に注意する必要があります。
例えば暴風が吹いていたり、大雨が降っている状況では、海上の波が高くなってしまいます。

SUPは初心者でも気軽に楽しめると言いましたが、それは波が穏やかな状態の時に限った話です。
波が高い時だと、パドルボードの上に立つ事すら難しく、立てたとしても、思い通りの方向に進んでくれません。

そして波が穏やかな海であっても日射しが強い時には注意が必要です。
沖縄は亜熱帯気候なので、気温が高いという事もありますが、それ以上に海面は光が反射するために、陸よりも体感温度は高く感じます。
そのため熱中症になりやすいので、遊びに夢中にならずに、適度に水分補給や休憩を挟むようにして下さい。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP