ハワイで発祥したSUPの歴史

SUPとは、ハワイで発祥したマリンアクティビティで、沖縄の海でも楽しむ事が出来ます。
最近注目され始めているので、まだその歴史が浅いと思っている人も多いでしょう。
ですがハワイで発祥したのは、1960年代なので、実は意外とその歴史は長いのです。
ではSUPの歴史について紹介します。

SUPの歴史について

もともとは、1960年代にハワイでサーファーがロングボードにオールを使って漕いだ事が始まりだと言われています。
今ではちゃんとSUP専用のパドルボードとパドルが存在しています。

なぜサーフィンが出来る人が、わざわざSUPを始めようと思ったの?
そんなふうに疑問に思う人もいるかもしれません。

ですがサーフィンとは違った魅力があります。
サーフィンが出来る人からすれば、SUPだと小さな波でも乗る事が出来、さらにスピードを出す事が出来ます。
そしてサーフィンの場合は、波待ちの時間がありますし、波が出ても波の順番待ちが必要です。
そのため意外と楽しむ時間よりも、待つ時間が長いのです。

対してSUPなら波を待つ必要がなく、順番もありません。
またサーフィンが出来ない初心者であっても、パドルボードの方がサーフィンボードよりも板が大きく、浮力が大きいために安定してバランスを取りやすくなっています。

同じくカヤックも人力で海上散歩を楽しむ事が出来ますが、SUPの方が手軽に始める事が出来ます。
カヤックなら座った状態ですが、SUPはパドルボードの上に立つ事で、その分目線が高くなるため、遠くの景色まで見通す事が出来るのも魅力です。

つまり初心者にも上級者にも楽しむ事が出来るため、SUPは世界中で急速に広まる事になったのです。
初心者でも簡単に始められると言いましたが、初心者の場合、SUP体験教室に1回参加する事をおススメします。
1回の体験教室で、基礎を身に着ける事が出来ますし、ツアーに参加した時に、より楽しむ事が出来るようになるでしょう。

ちなみにSUP体験教室の相場料金は、8000円前後となっています。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP